しらたまのアロマカフェ~ナチュラるんるん日記
☆☆☆ ハーレー乗り セラピスト ☆☆☆ 

夏休み♪

先週は連休♪
2日目の朝…
起床した夫さまは驚いたらしい!!
空になったコレらが
チーズのかけらと共に、ダイニングテーブル上に散乱していたから…
133


その中のひとつは、富士登山の時に買ってきた登山記念焼酎♪
あとはワイン♪
夫さま驚きだったようだけど
もっと驚いたのは実は、しらたまたち。
しらたまたち…っていうのは
この連休に東京のアロマセラピストNちゃんが
だんなさまの夏休みで我が家へ一泊旅行に来てくれたのだ。

会うのはホントに久しぶり。
Nちゃんは、とても優しい人。
真摯な心の女性で周りに流されず
曲がっていることに気づいたならば
そのまま人にも自分にも嘘をついて生きていけぬ人。

しらたまは、流されるところがある。
けれど
一度、曲がっていることに気づいたならば
そのまま人にも自分にも嘘をついて生きていけぬ…
そこには損得勘定なども無い。
自分の意志で進む…
そんなところは
Nちゃんと同じものを
少しながら持ち合わせている…と思っている。

そういう点で、以前のアロマ団体から抜ける時に
本当に強く支えてくれました。
自分の身のコトなど考えることなく
想いの正しさを堂々と主張してくれました。
それはそれは心強く、勇気になったのでした。

   Nちゃん…
   ホントにありがとう

そんなとってもお世話になったNちゃんが
このたびバケーションに来てくれて
おまけにダーリン&ワンコのティーラちゃんも一緒♪
とても楽しみにしていた日。

だから…(と言い訳ダケド)
到着後はティータイムして、
ワンコのお散歩兼ねて
しらたま家周辺をお散歩して、
近場の三河な温泉に行って、
手巻き寿司パーティーした後、
夜な夜ないろんなお話に花満開!!

夫さまは、朝早いので先に就寝したものの…
しらたまたちは、ただただお話、満開で
時間が過ぎ去っていることなど1ミリも気づいておらず
ふと窓に目をやると
「アレレ??
 アカルクナイ?」
時計を見ると5時を過ぎていましたの…オホホホホ。

その残骸が、さっきのヤツら。
よく飲みました♪
もちろん楽しいお酒は二日酔いなどありませぬ。
とてもとても久しぶりに
たくさん飲みまして、
とてもとても久しぶりにオールナイトでした。

朝のティーラちゃん♪
オツカレデハ、アリマセヌカ?
134


翌日は
岡崎のドッグカフェ「cafe hug」さんへいって
お酒あとの胃に優しいランチをいただきました♪
(胃に優しい…って、
 さっき、お家モーニングをしっかり食べたよな?)
135


ティーラちゃんは、おりこうさん。
テーブル脇で、おとなしくしていました。
136


我が家のぴーすは
常にテーブル上のごちそうが気になって
「食べ物くらさい」モード。
137


きっと、ぴーすはティーラちゃんに
こんな疑問を投げかけていたのだと確信。



   「ねえね、ティーラちゃま
    あなたは、ごちそうゲットしなくてよいのでしゅか?
    138




前日、
初対面なワンコたちは暴れながらも
ご挨拶後に馴染み合い…
前夜、
人間どもは、今朝までオールナイトだったゆえ…
ワンコたち、お疲れの模様。

ティーラちゃん、お寝んね。
139


ラブりんはソファでお寝んね。
夫さまのお膝にアゴをのせて。
140


ぴーすは、しらたまのお膝でお寝んね。
お手手ダラダラ。
141


それでもって、テーブルに頭をのせて…。
食べ物のこと考える脳ミソが詰まっていて重いのだろか?
142


パチリとお目目あけたピース…
   「え”っ?
    ナニカ、ワタチノコト、イッテマシタカ?」
    143


こんな、ほのぼのなハッピータイムを
Nちゃんご夫妻&ティーラちゃんと共に過ごせた休日は
あっという間に、さようならの時が来てしまいました。

Nちゃんご夫妻…
さわやかで素敵なご夫妻です。
144


今度は、素敵な新居に行かせてもらいたいです♪
新居というのは、最近、引っ越しをされたから。
今度のお家は、店舗付き住宅だそうです。
これまで
自宅マンションで
アロマのスクール&サロン「ussa-beaute」
をされていたのが手狭になったということ♪
東京、国分寺で活躍されているアロマセラピストNちゃん。
とってもオシャレなライフスタイル、憧れます♪

お互い意志をもって同時期にフリーセラピストになり、
こんな風に進んで広がってこられた今、
その足跡も貴重だったと感じます。
こうしてNちゃんと出逢えたから♪
これから、
もっともっとオバさんになっていっても
楽しく笑ってオールナイトできるように(ソコかい?)
健康で真っ直ぐに生きるぞ!と
ココロに刻み中デス♪

スポンサーサイト

花火大会?

8月も残すところあと1週間。
夏の想い出のひとこま…
花火大会へ行ったひと、多いと思います♪

しらたま家は?
一昨年までは地元の花火大会に
花火お弁当をこしらえて行ってたけれど
去年から行くのを自粛しました。

…というのは
我が家のワンコのビビりぶりは相当で、尋常ではないのです。
らぶリンはお歳を重ねた老犬なので
そのビビリは心臓にも悪く…。
ぴーすは、これまでそんなにビビってなかったはずなのに
このところ花火のどぉ~ん音にブルブル系が入ってきた模様。

…ということで花火大会がおこなわれる一時、
地元を離れて避難するのでした!

今年の避難場所は、刈谷市のドッグカフェ&バー♪
夫さまがネットで見つけてくれて
お仕事が終わったら即座に避難開始。

らぶリン…
もうダイジョウビだよ♪
120


晩ご飯の高菜ピラフをパクり♪
121


夫さまが
「しらたまちゃん、アルコールを飲んでいいよ♪」
って言ってくれたので、ジントニックをオーダーすることに♪
ジンは
「ジュニパーベリー」のエッセンスで香りづけされています。

また、アロマテラピーの精油でいうところ…
香りをかぐことで、鼻から嗅覚神経細胞へ、
そしてそこから脳内に電気信号を送り
神経のバランスを整えてくれます♪
またまた他には、
ボディトリートメントで経皮吸収させることで
ジュニパーベリーの有用成分分子が血管、リンパ管に入って
体内毒素の排出を促してくれるのに有用!
だから…むふふ…
ダイエットやむくみにもグッド♪
夏は身体が汗をたくさん出すけれど
出す割には、毒素の排出が少なかったり…なので、
ジュニパーベリーのアロマバスや
トリートメントしてあげるとイイです♪
しらたまは、
お風呂上がりにジェルに希釈してマッサージしています♪
あと筋肉痛にも有用なので、スポーツ前後にもグッド♪
ヨガやエクササイズの前後に塗り塗りするとイイんですな~♪

そんなジンのジュニパーベリーな香りが何ともいえぬ癒し♪
そしてココには、もうひとつの癒しあり♪
それは…
こんなにキュートな看板犬ちゃんがいるのだ!
126


それでもって、最高の微笑みをくれるのら♪
122


ああ~胸がキュンキュンしたよ♪
123


そして、らぶリンの上に乗っかって、
夫さまとも語らいを♪
124


あと、他のお客様のワンコちゃんとも語らいを♪
125


大輪の花火は楽しめなかったけど、
ココロが、とってもふんわりとなりました♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●里親さん急募!!
見近な方が、子猫ちゃんを保護してくれました。
子猫ちゃんを見つけてしまった時、
まだ目が開けられないような小さな子たちは、
ママ猫ちゃんは傍にいない感じで
放っておかれていた様子…
おまけに、その時、雨でびしょびしょ状態…
見なかったことにはできず…保護したそうです。
今は、離乳食になり始めたところの小さな子たち♪
それで…
里親さんになってくださる方を探されています。
小さな天使ちゃんを家族に迎え入れてくださる方…
連絡を、お願いします♪

保護者さん連絡先 midyktck211@softbank.ne.jp

1号男の子
黒白のモー柄で白の割合が多いです
力強いけど、おっとりおとなしい子
47 48 49


2号男の子
白黒のモー柄で黒白の割合が半々です
もの覚えがよく、元気な子
マイペースで手がかからない感じです
50 51 52


3号女の子
白黒で全体に黒いが手足と口の辺りは白です
やんちゃで好奇心旺盛だけど甘えん坊
すぐにひざや肩に乗ってきます
53 54 55

お盆休み♪

3日間のお盆休みは、あっという間に過ぎていきました!

初日は…
義パパの初盆お参りや、
親戚の方々からの初盆の頂き物のお返しに走り、
しらたま実家の顔出しやお墓参り。
別名、家族の日でした。
こういうイベントがあるから
普段、会えない親族にも会えるのですね。
とても大切な時間…
ご先祖の命が繋いでくれているご縁を、ありがたく想います。

そして、お休みゆえに、ゆるゆるな夜は…
甥っ子Sくんと飲みにいくことに♪
何やら彼女ができたらしく、
「だぶるデートをしよう~!」
と急遽、決定したのでした♪

おばちゃんしらたまは
「快く彼女に会わせてくれるのら~♪」と嬉しく
「どんな女の子なんだろ~♪」とワクワクで。
待ち合わせ場所に行くと、まず彼女をご拝見♪
第一印象は
「かわいい~♪」でした。
もちろん夫さまも
「やるな~!かわいい子じゃん!」って第一声!

うっきうっきで居酒屋さんへレッツらご~!
ウキウキすぎて、浮かれポンチな、おじおばコンビ。
127


自己紹介やら、馴れ初めやら、ムフフなお話やら、
彼女の門限まで
お話にお花が咲きっぱなしでイエェ~イ♪
128


幸せそうな甥っ子ちゃんに、つきなみデスガ
「大きくなったなぁ~」と、じぃ~ん♪
さらに
甥っ子ちゃんが、こんなに大きくなったというのに
「しらたまは、一向に大きくならないなぁ~」と、ぼやき。

どんなに大きくならなくとも、
「甥っ子ちゃんとこんな風に
 いついつまでも幸せを一緒に、かみしめていきたいデス…」
と、満月の輝くお月さまにお願いするのでした♪

翌日は、夫さま念願の素敵なモノを購入しに名古屋へ♪
その前に…
しらたまは、韓流スターショップを発見して興味しんしん。
ショップお初で乗り込み
「こ~ゆ~感じなんだ!」と、じんわりミーハー気取り♪
表現するならば…
ショップ内の空気というか、目に映る色は、
しらたまが小中学生の時のアイドルショップみたいな感じだった。
決して変な意味ではなくて…
褪せてる…といったらいいのかな?
その褪せ加減が、
中学生時代の青春ストーリーを思い出したりして
中年しらたまにグッとくるのかもな…。(微妙…)
でもって、せっかくだから、
グンソクのバッジとストラップをゲット♪
ゲットしたものの、
コレをどこに付けようか…
未だ検討中な中途半端なファンです♪

この日は、ともかく夫さまウッキウキ♪
とってもイイお買い物ができてウッキウキ♪
でも、カメラを向けると真顔なんだよな~!

      夫さま、ナンで真顔なの???
      129


このカフェは大須の「カフェぶりこ」さん。
古民家カフェで、
「じゃぱに~ずならば落ち着くぜ!」的空間です。
132


オーダースイーツも、じゃぱにーずチックに、
抹茶パフェ&黒糖レアチーズケーキ♪
131


お休みラストデーは、
リビングの掛け時計を求めてお出かけを♪
結婚してすぐ、今のお家に引っ越して来て13年半。
その時、新しかった掛け時計が寿命を迎えたからです。
これまで頑張ってくれた時計は
ウッドフレームで振り子とCD版オルゴールがついた
重みのある時計でした。
でも、今度の時計は全く違う雰囲気で、
軽めでモダンなマットホワイトの振り子時計。
ちなみに電波時計♪
人生の後半は、軽がる軽く生こう~です♪

その人生のかけかえともあろう(大げさすぎ!)
時計の掛けかえ儀式では(儀式って…さらに大げさっ!)
「13年半の時を刻んでくれて、ありがとう♪」
と、ちょっぴり、じぃ~んとなりました。
きっと、まだ続くであろう
山あり谷ありバリエーション豊富な人生
これからのコノ時間を、
おnewなIDEAの時計に刻んでもらいます♪♪

も少しつづき♪

さて、ご来光もすっかり天に昇り、
そのエネルギーをガンガンに浴びつつ、お鉢を見学♪

その迫力といったら!!
ネットや本の写真でみるよりも遥かなド迫力でした!!
わおぉ~っ!!
112


そこで、またまた富士の魅力に魅了された。
思ったよりスタミナが残っていたし、
何より山頂アタック大成功の喜びがみなぎって
とても元気だったから
より想いは募る…
「あああ~お鉢めぐりも是非ともしたかったナ…」
111


山岳ガイド、ゴウさんのお話によると
お鉢めぐりは、軽く90分はかかるそうで、
最頂の観測所がある剣ケ峰に行くのに
「馬の背」と言われている
富士山で最もキツイ坂を登るのらしい…
くぅ~っ!!
そんなコト聞くと
ますますトライしてみたくなるではないかぁ~!!
な、超ドMぶりが炸裂!
で…
「次なる目標で、また是非、富士登山してください♪」とゴウさん。
知識や知恵や経験など、信頼のおけるガイドぶりのゴウさん…
心のうちでは
「剣が峰トライの時もゴウさんがガイドして欲しいよ…」
と思ったものでした♪

そのゴウさんとしらたま隊で
剣が峰をバックに、映画「岳」のポーズでキメッ!!
山頂ではグロッキーな風貌になってそうな予感だったけど、
こうして元気にご来光パワーを浴びることができました♪
ガッツだぜ!
113


でも後に聞くところ、
その日、日中に登ってきた時の天候は
いつになく荒々だった…ということ!
雷が落ちるとは、
山小屋さんたち曰く、一時、本当にキケンだったようです。
しらたまは、今回が初トライなので
富士登山とは、こ~ゆ~ものなのか♪
と刻まれているのですが、
いろいろな情景を見せてくれる自然の営みを感じます。

富士山は、ゴミの山とも聞いていたけれど、
少し前に清掃された様子でキレイでした。
けれども山頂でのこと…
下山直前にペットボトルやビール缶が放置されていて悲し。
見てしまったゴミを
見て見ぬフリできず…
一緒に登ったYさんと一緒に
放置ゴミを拾って山小屋さんに預けてきました。
自分のゴミは持ち帰る…
これ基本。
人間のエゴで、しらたまも日々、多くのゴミを出してしまう身ゆえ
大きなことは言えないけど、
こういう場所に、ゴミ…捨てないでほしいと願います。

山頂で満喫した後、
本8合目の山小屋まで下山です。
お日様の力は本当に強くて、昇ると暑い。
さっきまでスキー場のように寒かったから
フリースやらダウンやら着込んでいて暑い。
いい汗をかきながら下山する途中も、すばらしい景色を満喫。
ともかくキレイ!!
地球って本当にキレイ!!
このキレイさに、心もすべて洗われました♪
114


ふと上を見ると、
まだまだたくさんの登山者たちが下山してきます。
登ってくる時は夜道で風景が見えなかったけど、
9合目付近は、こういう赤色な山肌なのでした。
これまたキレイ!!
115


山小屋までは、スキップ感覚で下山♪
早かった~!
なぜならトイレに行きたかったから…。
小学生のボーイと「がんばったね!」と話ながら
一番で到着!
速攻、トイレ♪

それから、薄着に着替えて山小屋を出発。
とうとう本格的な下山。
「あああ~降りてしまうのね…」と、ちょっぴりブルーでした。

下山は想像以上に変化のない、つづら道。
細か目な石ころと砂の道を延々歩め!
つづらの曲がり角は、なんと53個もあって、
ちょっと飽き気味でした。
でも下界のグリーンはキレイです。
116


下山ではスタミナ切れ。
考えてみると
夜ご飯も、朝ご飯も食べられず。
朝ご飯は山頂でいただく予定だったけど、
時間切れで食べなかったのですな。

お水と行動食でなんとかキープして3時間の下山で5合目に到着。
汗かきかきで、
あせも対策としてTシャツの中に忍ばせていたフェイスタオルは
汗を吸って臭っ!
そして、重ぉ~いのでした。

このドラゴンズパックチームは数人のリタイアさんがいたけど、
ほとんどの人がアタック成功。
ツアーガイドはなちゃんや
一生の中で逢えなかったかもしれないような見ず知らずな方と
同じ苦しみ、喜びを味わえて、笑顔し合えました。
おまけに、
タフで強くて優しい山男ゴウさんとも
たくさんいるだろうガイドさんの中よりご縁いただき
我がドラゴンズパックチームを連れ立ってくれました。
ありがたやぁ~♪
117


その後、河口湖温泉で、汗でベタベタな臭っい身体を清め
お昼ご飯を食べて帰路。
バスの中から夕日を見て、またもや、じぃ~ん。
118


「この太陽を、しらたまたちは今朝
 富士の山頂で見たんだ…」

毎日、昇っているお日様なのに
こういう時って特別に感じる…

   どれだけ無意識なのかが浮き彫りだな~。

お日様や、すべての自然の営み。
呼吸。
その中で生きている…いや、生かしてもらっていること。
これが日々、当たり前のようになっている…。

自然の中に入らせてもらうと…
マイナスイオンで癒されると共に、
こんな風に
本来のセンサーが敏感に磨かれるのだろうな。

偶然にも、この日は8月9日長崎原爆投下だった日。
多くの命が犠牲になってしまった日。
される側も、した側も辛く消せない過去の命の日。
忘れないで、富士山よりそっと手を合わせた。

山や海や動物、植物…自然たちは
生きていることを決して難しくとらえてはなく
言葉通り「自然体」だ。
人も60兆個の細胞の固まりであって自然の物体。
けれども、もはや「人」は自然の物体といえども「自然体」ではない。
しらたまもそうだ…
いつしか自然を壊してしまっている。

大地震…
どうして、あの場所だったのか…
とても申し訳なく想うし、悲しい。
けれど富士山に登ってみて、
感情からすると複雑なのだけれど、
地震も…大雨も…
地球からしたら「自然のこと」だったのかもしれない…。
人は意味を知りたがる。
納得したいから…。
けれども「自然」からしたら意味がどうのではなく
それは「自然」なのだよと
言っているのかもしれない。

だから、
この自然の意の中で、時折、自然の尊さを意識して
大自然を敬って生きていくことが大切なのだろう…
と、改めて想った帰路。

   その為にも
   また、富士登山に来たい。
   少しでも自然体として成長して来たい。
   心の中で自分も含めたすべての自然に手を合わせて登りたい。

ついでに次回は、
是非とも、お鉢めぐりをしたい。(…と欲張りモード)
…ということは??
今よりずっとスタミナ、筋力、心肺機能を高めねば!!

…ということで
この登山後も、
毎日、こまめなトレーニングを続けるぞ!と決意。
登山翌日からは、
芯の方での筋肉痛が出たけど、ちょびっとトレーニング実行。
2日目は、筋肉痛も90%ほど無くなり
3日目はゼロに♪
これで晴れて、本格的トレーニング再会♪
ということで、
来年もまた絶対のトライしまっするっ♪

あ…
あと富士山から、他にも特別プレゼントをいただきました♪
というのは、
帰宅した日の夜、眠りにつく時のこと。
まぶたを閉じると明るい…。
それは、
やや左の方から光が射している所に、まぶたを閉じているような感じ。
「あれ?お部屋の照明、つけっぱなしだっけ?」
と目を開けて確認。
けれども、ちゃんと消灯済み。
???と目を閉じる。

するとまた同じように光を感じる…。
「あれ?ベッドサイドのスタンドつけてたっけ?」
と目を開けて確認。
けれども、ちゃんと消灯済み。
「おかしいな、やっぱり真っ暗だよな…」
???と目を閉じる。

すると
でも同じように光を感じる…。
「やっぱり光…」
それはとても不思議なのですが、本当なのですな。

それで
とっても適当に、自分でその答えを出してみたよ。

   富士山パワーが来てるのかも…

そして
「これはいつまで続いてくれるかな?」と想って。
チャージされても、日々でまた使ってしまうものだから。
ありがたくも惜しまずにいなくちゃね。

で、1週間過ぎた今は?
ビッグな富士山のおかげさまで、まだ、ちょっぴり来てます…

けど、きっとそのうち無くなりそ。
それにしても富士山ってホント!
強く優しい最強のパワースポットだぁと
こんな体験からも実感デス♪

そんな
色々と深い意味ある富士登山、
ともかくアタックできて良かった♪
この大成功ピースを
次回につながてみせまっすっるネ♪
119


つづき♪

山頂では、ご来光予測時間まで30分ほどあり、
その間に、山小屋でもらったお弁当を食べたり、
トイレに行ったり、山頂の神社にいったりのフリータイム♪

しらたまたちは、まずトイレにいって用を済ませることに♪
300円を払ってトイレ待ち。
トイレットペーパーも芯を抜いて持参したけど、
最近の富士山は、
ペーパーやトイレ環境も充実していて昔と違うらしいです。
ありがたいなぁ~♪

その後、浅間大社に参拝♪
お祀りされている神さまに
元気にココに来られたことの感謝をお伝え申しました。
せっかくだから…と、
普段は、お守りって買ったことないのだけど
山頂アタックのご褒美に、自分にお守りを買ってあげました。
コレこそ、自力で登ったからこその、ご利益ちっくシロモノ♪
なぜならば…
山頂に登ってこられなければ手に入れられないシロモノなのだ♪
いろんなお守りがある中、しらたまはコレにしました♪

夢かなう守♪♪
99


改めて「夢」って言っても、
いざとなると具体的に出てこないのだけど、
「何があっても
 まるごと味わって楽しんでいられる人生を送ること」
って感じが「夢」だろうか?
生きていると辛くって…
まるごと味わって楽しむなんて、なかなかできないこともあるけど。
でも、物心ついた時から、そうありたいと思ってきた夢。

そんな感じな夢…
またひとつ早速、叶えられた♪
この富士登山、きつかった。
苦しみを味わいながら…厳しかった。
でも、やっぱり簡単だったらそれまでのもの。
苦しみを味わえたからこそ
山頂手前では「もう着いちゃうのぉ~」って、
ちょっぴり思ってしまったほど楽しかったのだ♪

それを十分に体感できて…
もしかして
死をもって人生を終える時も、この富士登山と同じなのかもしれない。
起こること…
何もかも真っ直ぐに味わって楽しんでいられたならば
「楽しかったぁ~♪」
と、大大満足で逝けるのではないか?と思っちゃったりして♪

とにもかくにも
富士山頂アタックがいろんなコトを与えてくれた♪
そして夢…
「何があっても
 何もかも味わって楽しんでいられる人生を送ること」

   そうであれるように自分を磨こう!
   まずは精神力、
   そして、体力、筋力、免疫力に
   美力もね♪

そんなだから、お守りは想ひ出の逸品。
お守りに頼って、
お守りに叶えてもらっても嬉しさ半減よ。
それに、
お守りはご利益的に守ってくれるかもしれないけど
現実、叶えてはくれないと思うのだな。
(きっと多くの人びとも体験済みではないかな?)

決してお守りが自分を楽にしてはくれない…
自らの足で一歩一歩、進むのみ…という
これまた厳しい富士登山に現れているのさ!
夢を叶えることも、
どんなコトも結局、自分次第♪
自分でがんばることで手にする本当の喜び。
この教えを忘れないぞ!

登頂アタック記念のかわいいお守りの裏を見ると
「富士山頂上」ってあって…
ホントに登ったんだぁ~と、じんわりくるぅ~っ!
お守り、想い出とともに大切にします♪
100






さて、ゴウさん率いるドラゴンズパックの集合場所へ行き、
今か今かと待ち遠しいご来光直前。
鼻水ピーピーなほど、それはそれは寒いのです。
101


寒くともカメラ準備の登山家(?)たち。
その気持ち、わかるよぉ~!
98


そして待ちに待ったご来光~♪
自然に、うおぉ~っと歓声がわき上がるのですね。
102 

103 

104


瞬く間に、ご来光のパワーがどんどん強くなる~っ!!
見よ!この光!
パワーを与えたまえ~!
105 
106


光の下には、
何とも言えぬ幻想的な雲海が白んでいて、ぐぅっときた♪
この大自然のグラデーションっていったら…あなた…
決してお金では買えぬ美しさよ♪
コレも脳ミソさまに焼き付けて!!
107 

109


すっかり脳ミソさまに焼きが入った
ゴキゲンなしらたまです♪
108


それでもって
山頂の山男さまが大きな声で
「登頂万歳~っ!!」とかけ声をかけてくれて
知らぬ存ぜぬのみぃ~んなで、嬉しい万歳三唱したのでした♪
110


(も少しつづく)


人生初bigトライ♪

体力作りのための毎夜トレーニング…
その功をなすべくイベントが無事に終わりました!

イベント前は,
夫さまが飽きれるほどに持ち物準備もしっかりと!
登山ブックやらネットやらを熟読して、
こんな感じなシロモノたちが集合!!
それら大勢のシロモノが
バックパックされた時には重ぉっ!!
これらを担いで…
いざ富士初登山だったのです。
86


富士登山は、
その昔20代のころ会社のメンバーに誘われたけど…
その時はあまり乗り気になれずで見送り隊。
それからはチャンスがなく
2年前にその気になってきたのでした。

富士山は3000メートル超えの過酷な登山!!
知れば知るほど、その噂はホントらしい…
けれども、本気の体力作りなど一切してこず!
その事実に想いは
「もはや40代前半…
 あああ~若い時にトライしておけば良かったぁ~」
と後悔は先にはたたず…なのでした。

それでも今回のお誘いを受けたこのチャンスに…
チャンスを逃してはならぬ。
この年齢だからこそ得るものもあるのではないか?
そんな予感がよぎり

   じゃぱに~ずナラバ
   40代前半だろうが、いっちょトライしてみるぞぉ~!!

と決意。
それで10日前からトレーニングだったのでした。
でもね…

   たった10日前からでダイジョウビ???

と、しらたまのタマシイさまがつぶやいていたのは
いうまでもなく。
それくらいセッパつまらないと
ただのダラダラトレーニングになってしまうよな
飽きんぼうしらたまであり、
集中系しらたまダカラね…
そんな訳で、どんなに遅くなったって欠かさずに、
せっせせっせと集中トレーニングをしたのでした。

そして当日。
ご来光のイメージはバッチリ♪
持ち物OK!
体力OK???
初登山にワクワクするも高山病の心配などなども抱えて
朝6時過ぎ、ツアーバスに乗り込み
バスガイドさんと
ツアーガイドの新人はなちゃんに守られる中
名鉄観光ドラゴンズパック一同、富士山へと走りました。
なんと、はなちゃんは7月末にも、お仕事で富士登山したとのこと。
「だからばっちりです♪
 みなさん、安心してください♪」
と心強い言葉をくれました。

そして、午後2時ごろ富士山5合目到着!!
この時、5合目は時折、晴れ間のさす雲の多い日。
88


お山は雲隠れな恥ずかしキャラ富士山でした。
さあ、いよいよ出発進行~っ!
87


イケメン山岳ガイドのゴウさんの自己紹介と
登山説明やストレッチをした後、歩み始めます。
歩み始めると間もなく途中で雨。
6合目にも達してない中、
ゴウさんよりザックカバー着用号令あり。
その後、
レインスーツ着用号令!
ドラゴンズパック41人の登山グループは号令に従って着用完了!!
「やったね!
 おNewのモンベルスーツを活用さぁ~♪」
と心のつぶやきでありました。
ゴアテックスのスーツって凄い!
どんな雨だって、へっちゃらぁ~♪

でも、雷さまの声が近く、
ゴウさんが情報をゲットしてくれたところ
8合目で落雷があったとのこと。
怪我をした人はいなかったものの
8合目の山小屋の投光器に落雷し大変だったそうです。
少し険しい表情になったゴウさんの判断で
一度、少し戻り避難シェルターに避難。
まだ歩みはじめで元気もあってよかったけど
せっかく進んだのを戻るって
「ええ”~っ!そうなのぉ~っ!」なココロ持ち。
ちょっぴり人生のやり直し的かんかくとも言えよう。
けれども!!
40歳も越えたしらたまはプラス思考炸裂♪

 1)3歩進んで2歩下がる…1歩は進んでるよね♪
 2)戻ることで新しい何かをゲットすることもあるよね~♪
   戻らなければ掴めなかったことあるよね~♪
 3)アクシデントがあるからこそ、
   ぴかりと光る想ひ出になるものなのさ~♪

などなどと、
大きな事など言えもしないが、
それなりなこれまでの人生の経験上、
すっかりへこむコトのないスタートでした。
てへっ♪

ところで山岳ガイドさんの知恵って凄いです!
雷の音の感覚?を数えていて
12だったかな?
それ以上だったら「大丈夫、遠いな…」ってつぶやいてました。
その知恵力、判断力なお姿に拍手!
はぁ~かっくいいな~!
そんな新しい発見に、いちいち感動しいな、しらたまデシタ♪

さて雨の様子も軽くなり
ちょっと時間的に予定より遅くなるかもな…と6合目から進みます。
本格的な登山道はココあたりから!
うう~っ山頂遠しぃ~っ!
って、さっき歩み始めたところだもんね。
89


で、雨が止んでしばらくすると…
サプライズプレゼントをもらいました。
さっき、めげなかったご褒美か?

  「めげるようなことも切り替えて受け入れる」ことで
   想いもしなかったコトに出逢える

ってこと
改めて教えてくれたようなプレゼント…
それは、
レインボウです♪♪
しかもダブルです♪♪
素敵なサプライズプレゼントにテンション上げ上げ~♪♪
90


あと発見してしまったのは、
虹を真横に眺められる経験って
ほぼ無いものなのに…
さすが富士山!
こんな感じ♪
真横な大虹♪
91


そこで、しらたまたちも虹の中に入ってみました。
92


それでもって、この虹さんは
結構、ロングタイムに消えないでくれて
虹を下に見下ろすようなほど保ってくれました。
まるで、しらたまたちの危なっかし気な登山ぶりを
優しく見守っていてくれたかのようでした♪
(ココでもプラス思考炸裂かよっ!)
さらにプラス思考炸裂な気分満タンぶりは…

   虹…
   ああ~
   この大自然の優しさ…
   空気が薄くて上がる呼吸にしみ入るぜ♪

と、しみじみ♪
雨がなければ頂けなかったサプライズプレゼントに
登山開始、間もなくな体験にノリノリで。
でもでも山頂までは、
まだまだまだまだ辛く長ぁ~い道のりが待っているのでした。

7合目より下を眺めての景色。
94


7合目は、変化のないつづら道が続くことで辛い道のり…
下の方から他の登山者さまたちが上がってきます。
そこは、さっき、しらたまたちが歩んで来た道。
辛さがわかるだけに、

   みんなぁ~がんばってぇ~!

と心の中でエールを送る♪
富士登山はホントに、
ちょっと進むと息が上がってきてしまう…道のり。
ゴウさんが最初に伝えてくれた富士登山の基本3つ
「小股、ずり脚、深呼吸」
を、常に頭にいれて歩みます。
特に高山病が気がかりゆえ
ハアハアしつつも深呼吸を心がけて
休憩時には、こまめに酸素を入れるのでした。

「ところで、どれだけ入れたらエエの?」

そんな疑問がありつつ
適当に酸素補給シュウシュウ♪
ああ~登山活動で上がった心肺にしみ入るぜ♪
95


その後も歩みは続きます。
8合目あたりは急勾配な岩道。
ストックを1本にして、ゴム付き軍手を着用!
片手ストックと
片手腕力も使って、岩にへばりついて這い上がります。
ココも辛かったけど、
結構、この道、好きだったなぁ♪
「どこに足を引っ掛けよう?
 どこに手を掛けようか?」なんて思いつつ
ちょっとした登山方法をとらえていくよな…
アクティビティな感じが、登山に酔わせてくれて、
苦しくも楽しいのでした♪

そんな急勾配な溶岩肌よりも、
しらたまにとっては山小屋前の階段の方が脚に効くぅ~っ。
8合目「元祖館」という山小屋の
スタッフさんブログを毎日みてたから
元祖館さんで「毎日ブログみてます♪」ってお話したかったけど
山小屋通過の際には、そんな余裕ってものがなかった…。

ただ、想像してたより
「先は長くとも確かに進んでいく」という感覚は
7合目あたりから、しっかりとあって、
どこかで安らぎもありました♪
ゴウさんのガイドに信頼が持てたし、
はなちゃんのこまめなサポート姿からだとも思います。

7合目や8合目すぎも時折、雨がふり
一時、雷やヒョウも降り!
いろいろな富士山模様をみせてもらえて
それにもめげずに一歩一歩、進め♪

仮眠予定の本8合目「トモエ館」に到着したのは午後8時過ぎ。
コノ時は、かなり寒い標高であり寒さと雨の中の到着。
「がんばったね。お疲れさまでした。」と、
山小屋の入り口で
ゴウさんが一人一人に握手をしてくれて涙チョチョ切れ。
おまけに山小屋のスタッフさんたちが
雨で濡れたザックカバーをタオルで拭いてくれて涙チョチョ切れ。
辛いときの優しさが、
また一層な有り難みを増してしみ込むのでした。

さて山小屋夜食のカレーライス&富士カステラ。
しらたまは、なぜかご飯が喉を通らなくって
2口のご飯を噛みしめて終了。
その後、
噂通りの宿舎風景にぐっときた~。
なんとか寝返りできるほどのスペースに並んで寝袋。
寝袋体験も初めてで、ぐっときた~。
「疲れたし起床予定の深夜1時半まで寝るぞ~!」
と意気込むも眠れず。

   あれ?ぐっと来すぎ??

ほとんど…というか全く眠れずも
「どうせ眠れぬならば、登山開始のためのマッサージタイムだ!」
と、使った脚腰、臀部をマッサージしたり
脳に酸素が行きやすいように…と首をマッサージしたり。
そっとトイレにいって星をみたり。
それなりな充実タイムを過ごしまして起床!
2時より登山開始です。

今度は本格的な夜登り。
そして寒い登山。
フリース、ダウンジャケット、ニット帽など冬装備で集合。
夜な夜なマッサージのおかげで
足腰の疲れがゼロになり
イメージしてきた山頂でのご来光にワクワクいっぱい。
それに、
登山開始にあたって早々に流れ星を見れてテンション上げ上げ♪
「標高がかなり高くなるから
 登山基本をもう一度、思い出してください。
 で、どうせ深呼吸するなら上をみて…
 星をみながら深呼吸ですよ。」と、ゴウさん。
オリオン座やカシオペア座が、ほぼ真横にみられるこの位置。
それはそれは最高!!

けれども
さすが本8合目、9合目。
3歩も進むと息ハアハアで、星を見ながら深呼吸を常に頭に。
上を見ることで胸が広がり
呼吸が少しでも深くなり、
肺への酸素供給率が高まるだろう。
それと共に前をむくことで身体の軸ができて
足腰への負担も少なくなるだろうから。
と、 できるだけ下を見ないで前を向いて歩みました。
それに、スタート時に言われたこと。
「いいですか、山頂がゴールではありません。
 登山は下山がゴールです。
 山頂までが30%
 下山が70%で登ってください。」との言葉。
それを聞いたときは
「ええ”っ~山頂までが30%って…あなた…。
 きっと山頂までで120%は使うよな~ぁ!」
って思ってしまったのですが、
その教えも頭によぎらせて一歩一歩進め。
そんな富士の夜道では、
他の登山者さんのヘッドライトがたくさんの灯りとして連なり、
富士登山ならではの光景を焼きつけました。
他には、
何の邪魔もない星空をこんなに何度も何度も見ることも
富士登山ならではのプレゼントとして
いっぱい焼きつけました♪

そんな風に
辛くとも20~30分進んでは1、2分休憩をとってくれて
確実に進み、遠くに見えていた山頂が近くに見えてきて…。
本8合目から2時間少し歩んでの
恋しき山頂に足を踏み入れた時、
涙じんわり♪
「やりましたぁ~!!!」
疲れなんて、もうどこにもありません!!!
97


その時の夜空…
「日中は雨、雷で荒れたけれど、
 経験上、そういう日こそ、ご来光率が高いから」
そう一同を元気づけてくれたゴウさんの言葉通り
この幻想的な夜空の表情が、
間もなく迎えるであろう、最高のご来光の予感を漂わせていました♪
96


(つづく)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。