しらたまのアロマカフェ~ナチュラるんるん日記
☆☆☆ ハーレー乗り セラピスト ☆☆☆ 

いずみの会♪

昨日は、午後から大須へお出かけでした♪
アロマセラピー&リメディアルセラピーのお仕事を通して、
自然療法や代替療法を進めているしらたまにとって…
とっても深いテーマでもあるお勉強会に参加させていただいたのでした♪

テーマは「ガンを生き抜く決め手」
この「決め手」は、お話を聞くと「極めて」ともいえような内容でした。
主催は「NPO法人 いずみの会」といって、
会長の中山氏が立ち上げられた会です。
彼こそが26年前にガンにおかされたものの、自己免疫力でガン細胞を退縮させた達人!
今、70代の素敵なおじいさまなのです♪
「そんな意識高い中山氏に、いつか逢ってみたい…」
そう想っていて、とうとう想いが叶いました。

開始前のこと…
会場の入り口で、中山氏を発見!!
早速、ご挨拶させていただくと、気さくに挨拶をかわしてくれました。
想ってたより、ずっとずっとキレイな方…でした。
キレイっていうと変だけど、
お肌がピンクで細胞が水分で満ちていて楽しそう…
溢れる笑顔が絶えないご様子♪
それが「キレイ」という表現にマッチしたのです。

さらに、お席に着くと、しらたまの席の脇のところで立たれていて、
ちょっとした隙に、個人的に会話をさせていただきました。
その際も、やっぱりキレイ…
ご自分の細胞すべてを、大切に信じられているコトが
最大のキレイさにつながっているように想います。

「ガンはなおる病気である」
でも、常識的な「治る」のではなく「直る」のだと。
「治る」は、一時的に押さえるのであって、
「直る」とは、正しいことをするという意味であると。
生き方を正すとガンは消える…ということに、
自らで気づかれたのだということをお話くださいました。
ご自身が体験をされてきたからこそ、納得です!
CIMG0000515.jpg


ちなみにマックでは
「直る」が「正常に戻る」「ひねくれた性格が直る」という意味だと教えてくれます。
うう~む!
ガンという病気は、自分の細胞の病気です。
「そのガン君は、勝手にがっつり生きてしまって、
 身体の秩序を乱すほど増殖暴走してしまうひねくれっ子。
 「直る」という意味が「ひねくれた性格が直る… 正常に戻る …」という意味ならば、
 相当するではないか!!」
と感心しました♪

今や多くのガン患者さんが生還すると有名になっている「いずみの会」
そのお勉強会には、多くの患者さんやご家族が集っておられました。
いろいろな指導をしてくれますが、どれもみんな自己選択によっていくもので、
強制や否定はどこにもありません。
そんな…
ガンから生還された中山氏の姿より、
ガンにならず、
ガンになっても恐れることなく生還できるような…
美しく生きるキーポイントをしらたまなりに見つけてきました!!

 *発声が違う(何気ない会話でも、下っ腹からしっかりとお声を出されていました)
 *嘘のない、常なる笑顔
 *脳が柔らかい
 *アクションがすごい。またアクションから自分で答えを探されている
 *パッションが強い(生きる情熱が感じられました)
 *自分を信じる力
 *勇気
 *努力と継続
 *好奇心

以上が、とっても豊かで
「何かが違うのは、コレらではないか?」と、探ってみました♪
私たちの身体の中では日々、かなりの数のガン細胞を生み出していて、
自己免疫によって退縮してくれています。

   このかけがえのない身体…
   細胞たちを大切にすること…

これはとっても大きな意味として必要なことではないかと
20歳くらいからなんとなく想ってきました。
20歳くらいから…というのは、
ボディーボードで波乗りに励み、
スキューバーダイビングで海の中へ…
海の上と下の世界を通して「地球の営み」を感じた時でした。

   生まれてきて無くなっていく…

このプロセスによる身体の老化は自然の現象だけど、
できるかぎり細胞たちが元気でいてもらえるように…
できるかぎり自然に無くなっていけるように…
食、運動、ケア、ココロの持ち方などなど責任もって、
自分のスピリットから湧き出る想いを、貫き果たしていくつもりデス♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。