しらたまのアロマカフェ~ナチュラるんるん日記
☆☆☆ ハーレー乗り セラピスト ☆☆☆ 

人生初bigトライ♪

体力作りのための毎夜トレーニング…
その功をなすべくイベントが無事に終わりました!

イベント前は,
夫さまが飽きれるほどに持ち物準備もしっかりと!
登山ブックやらネットやらを熟読して、
こんな感じなシロモノたちが集合!!
それら大勢のシロモノが
バックパックされた時には重ぉっ!!
これらを担いで…
いざ富士初登山だったのです。
86


富士登山は、
その昔20代のころ会社のメンバーに誘われたけど…
その時はあまり乗り気になれずで見送り隊。
それからはチャンスがなく
2年前にその気になってきたのでした。

富士山は3000メートル超えの過酷な登山!!
知れば知るほど、その噂はホントらしい…
けれども、本気の体力作りなど一切してこず!
その事実に想いは
「もはや40代前半…
 あああ~若い時にトライしておけば良かったぁ~」
と後悔は先にはたたず…なのでした。

それでも今回のお誘いを受けたこのチャンスに…
チャンスを逃してはならぬ。
この年齢だからこそ得るものもあるのではないか?
そんな予感がよぎり

   じゃぱに~ずナラバ
   40代前半だろうが、いっちょトライしてみるぞぉ~!!

と決意。
それで10日前からトレーニングだったのでした。
でもね…

   たった10日前からでダイジョウビ???

と、しらたまのタマシイさまがつぶやいていたのは
いうまでもなく。
それくらいセッパつまらないと
ただのダラダラトレーニングになってしまうよな
飽きんぼうしらたまであり、
集中系しらたまダカラね…
そんな訳で、どんなに遅くなったって欠かさずに、
せっせせっせと集中トレーニングをしたのでした。

そして当日。
ご来光のイメージはバッチリ♪
持ち物OK!
体力OK???
初登山にワクワクするも高山病の心配などなども抱えて
朝6時過ぎ、ツアーバスに乗り込み
バスガイドさんと
ツアーガイドの新人はなちゃんに守られる中
名鉄観光ドラゴンズパック一同、富士山へと走りました。
なんと、はなちゃんは7月末にも、お仕事で富士登山したとのこと。
「だからばっちりです♪
 みなさん、安心してください♪」
と心強い言葉をくれました。

そして、午後2時ごろ富士山5合目到着!!
この時、5合目は時折、晴れ間のさす雲の多い日。
88


お山は雲隠れな恥ずかしキャラ富士山でした。
さあ、いよいよ出発進行~っ!
87


イケメン山岳ガイドのゴウさんの自己紹介と
登山説明やストレッチをした後、歩み始めます。
歩み始めると間もなく途中で雨。
6合目にも達してない中、
ゴウさんよりザックカバー着用号令あり。
その後、
レインスーツ着用号令!
ドラゴンズパック41人の登山グループは号令に従って着用完了!!
「やったね!
 おNewのモンベルスーツを活用さぁ~♪」
と心のつぶやきでありました。
ゴアテックスのスーツって凄い!
どんな雨だって、へっちゃらぁ~♪

でも、雷さまの声が近く、
ゴウさんが情報をゲットしてくれたところ
8合目で落雷があったとのこと。
怪我をした人はいなかったものの
8合目の山小屋の投光器に落雷し大変だったそうです。
少し険しい表情になったゴウさんの判断で
一度、少し戻り避難シェルターに避難。
まだ歩みはじめで元気もあってよかったけど
せっかく進んだのを戻るって
「ええ”~っ!そうなのぉ~っ!」なココロ持ち。
ちょっぴり人生のやり直し的かんかくとも言えよう。
けれども!!
40歳も越えたしらたまはプラス思考炸裂♪

 1)3歩進んで2歩下がる…1歩は進んでるよね♪
 2)戻ることで新しい何かをゲットすることもあるよね~♪
   戻らなければ掴めなかったことあるよね~♪
 3)アクシデントがあるからこそ、
   ぴかりと光る想ひ出になるものなのさ~♪

などなどと、
大きな事など言えもしないが、
それなりなこれまでの人生の経験上、
すっかりへこむコトのないスタートでした。
てへっ♪

ところで山岳ガイドさんの知恵って凄いです!
雷の音の感覚?を数えていて
12だったかな?
それ以上だったら「大丈夫、遠いな…」ってつぶやいてました。
その知恵力、判断力なお姿に拍手!
はぁ~かっくいいな~!
そんな新しい発見に、いちいち感動しいな、しらたまデシタ♪

さて雨の様子も軽くなり
ちょっと時間的に予定より遅くなるかもな…と6合目から進みます。
本格的な登山道はココあたりから!
うう~っ山頂遠しぃ~っ!
って、さっき歩み始めたところだもんね。
89


で、雨が止んでしばらくすると…
サプライズプレゼントをもらいました。
さっき、めげなかったご褒美か?

  「めげるようなことも切り替えて受け入れる」ことで
   想いもしなかったコトに出逢える

ってこと
改めて教えてくれたようなプレゼント…
それは、
レインボウです♪♪
しかもダブルです♪♪
素敵なサプライズプレゼントにテンション上げ上げ~♪♪
90


あと発見してしまったのは、
虹を真横に眺められる経験って
ほぼ無いものなのに…
さすが富士山!
こんな感じ♪
真横な大虹♪
91


そこで、しらたまたちも虹の中に入ってみました。
92


それでもって、この虹さんは
結構、ロングタイムに消えないでくれて
虹を下に見下ろすようなほど保ってくれました。
まるで、しらたまたちの危なっかし気な登山ぶりを
優しく見守っていてくれたかのようでした♪
(ココでもプラス思考炸裂かよっ!)
さらにプラス思考炸裂な気分満タンぶりは…

   虹…
   ああ~
   この大自然の優しさ…
   空気が薄くて上がる呼吸にしみ入るぜ♪

と、しみじみ♪
雨がなければ頂けなかったサプライズプレゼントに
登山開始、間もなくな体験にノリノリで。
でもでも山頂までは、
まだまだまだまだ辛く長ぁ~い道のりが待っているのでした。

7合目より下を眺めての景色。
94


7合目は、変化のないつづら道が続くことで辛い道のり…
下の方から他の登山者さまたちが上がってきます。
そこは、さっき、しらたまたちが歩んで来た道。
辛さがわかるだけに、

   みんなぁ~がんばってぇ~!

と心の中でエールを送る♪
富士登山はホントに、
ちょっと進むと息が上がってきてしまう…道のり。
ゴウさんが最初に伝えてくれた富士登山の基本3つ
「小股、ずり脚、深呼吸」
を、常に頭にいれて歩みます。
特に高山病が気がかりゆえ
ハアハアしつつも深呼吸を心がけて
休憩時には、こまめに酸素を入れるのでした。

「ところで、どれだけ入れたらエエの?」

そんな疑問がありつつ
適当に酸素補給シュウシュウ♪
ああ~登山活動で上がった心肺にしみ入るぜ♪
95


その後も歩みは続きます。
8合目あたりは急勾配な岩道。
ストックを1本にして、ゴム付き軍手を着用!
片手ストックと
片手腕力も使って、岩にへばりついて這い上がります。
ココも辛かったけど、
結構、この道、好きだったなぁ♪
「どこに足を引っ掛けよう?
 どこに手を掛けようか?」なんて思いつつ
ちょっとした登山方法をとらえていくよな…
アクティビティな感じが、登山に酔わせてくれて、
苦しくも楽しいのでした♪

そんな急勾配な溶岩肌よりも、
しらたまにとっては山小屋前の階段の方が脚に効くぅ~っ。
8合目「元祖館」という山小屋の
スタッフさんブログを毎日みてたから
元祖館さんで「毎日ブログみてます♪」ってお話したかったけど
山小屋通過の際には、そんな余裕ってものがなかった…。

ただ、想像してたより
「先は長くとも確かに進んでいく」という感覚は
7合目あたりから、しっかりとあって、
どこかで安らぎもありました♪
ゴウさんのガイドに信頼が持てたし、
はなちゃんのこまめなサポート姿からだとも思います。

7合目や8合目すぎも時折、雨がふり
一時、雷やヒョウも降り!
いろいろな富士山模様をみせてもらえて
それにもめげずに一歩一歩、進め♪

仮眠予定の本8合目「トモエ館」に到着したのは午後8時過ぎ。
コノ時は、かなり寒い標高であり寒さと雨の中の到着。
「がんばったね。お疲れさまでした。」と、
山小屋の入り口で
ゴウさんが一人一人に握手をしてくれて涙チョチョ切れ。
おまけに山小屋のスタッフさんたちが
雨で濡れたザックカバーをタオルで拭いてくれて涙チョチョ切れ。
辛いときの優しさが、
また一層な有り難みを増してしみ込むのでした。

さて山小屋夜食のカレーライス&富士カステラ。
しらたまは、なぜかご飯が喉を通らなくって
2口のご飯を噛みしめて終了。
その後、
噂通りの宿舎風景にぐっときた~。
なんとか寝返りできるほどのスペースに並んで寝袋。
寝袋体験も初めてで、ぐっときた~。
「疲れたし起床予定の深夜1時半まで寝るぞ~!」
と意気込むも眠れず。

   あれ?ぐっと来すぎ??

ほとんど…というか全く眠れずも
「どうせ眠れぬならば、登山開始のためのマッサージタイムだ!」
と、使った脚腰、臀部をマッサージしたり
脳に酸素が行きやすいように…と首をマッサージしたり。
そっとトイレにいって星をみたり。
それなりな充実タイムを過ごしまして起床!
2時より登山開始です。

今度は本格的な夜登り。
そして寒い登山。
フリース、ダウンジャケット、ニット帽など冬装備で集合。
夜な夜なマッサージのおかげで
足腰の疲れがゼロになり
イメージしてきた山頂でのご来光にワクワクいっぱい。
それに、
登山開始にあたって早々に流れ星を見れてテンション上げ上げ♪
「標高がかなり高くなるから
 登山基本をもう一度、思い出してください。
 で、どうせ深呼吸するなら上をみて…
 星をみながら深呼吸ですよ。」と、ゴウさん。
オリオン座やカシオペア座が、ほぼ真横にみられるこの位置。
それはそれは最高!!

けれども
さすが本8合目、9合目。
3歩も進むと息ハアハアで、星を見ながら深呼吸を常に頭に。
上を見ることで胸が広がり
呼吸が少しでも深くなり、
肺への酸素供給率が高まるだろう。
それと共に前をむくことで身体の軸ができて
足腰への負担も少なくなるだろうから。
と、 できるだけ下を見ないで前を向いて歩みました。
それに、スタート時に言われたこと。
「いいですか、山頂がゴールではありません。
 登山は下山がゴールです。
 山頂までが30%
 下山が70%で登ってください。」との言葉。
それを聞いたときは
「ええ”っ~山頂までが30%って…あなた…。
 きっと山頂までで120%は使うよな~ぁ!」
って思ってしまったのですが、
その教えも頭によぎらせて一歩一歩進め。
そんな富士の夜道では、
他の登山者さんのヘッドライトがたくさんの灯りとして連なり、
富士登山ならではの光景を焼きつけました。
他には、
何の邪魔もない星空をこんなに何度も何度も見ることも
富士登山ならではのプレゼントとして
いっぱい焼きつけました♪

そんな風に
辛くとも20~30分進んでは1、2分休憩をとってくれて
確実に進み、遠くに見えていた山頂が近くに見えてきて…。
本8合目から2時間少し歩んでの
恋しき山頂に足を踏み入れた時、
涙じんわり♪
「やりましたぁ~!!!」
疲れなんて、もうどこにもありません!!!
97


その時の夜空…
「日中は雨、雷で荒れたけれど、
 経験上、そういう日こそ、ご来光率が高いから」
そう一同を元気づけてくれたゴウさんの言葉通り
この幻想的な夜空の表情が、
間もなく迎えるであろう、最高のご来光の予感を漂わせていました♪
96


(つづく)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。