しらたまのアロマカフェ~ナチュラるんるん日記
☆☆☆ ハーレー乗り セラピスト ☆☆☆ 

も少しつづき♪

さて、ご来光もすっかり天に昇り、
そのエネルギーをガンガンに浴びつつ、お鉢を見学♪

その迫力といったら!!
ネットや本の写真でみるよりも遥かなド迫力でした!!
わおぉ~っ!!
112


そこで、またまた富士の魅力に魅了された。
思ったよりスタミナが残っていたし、
何より山頂アタック大成功の喜びがみなぎって
とても元気だったから
より想いは募る…
「あああ~お鉢めぐりも是非ともしたかったナ…」
111


山岳ガイド、ゴウさんのお話によると
お鉢めぐりは、軽く90分はかかるそうで、
最頂の観測所がある剣ケ峰に行くのに
「馬の背」と言われている
富士山で最もキツイ坂を登るのらしい…
くぅ~っ!!
そんなコト聞くと
ますますトライしてみたくなるではないかぁ~!!
な、超ドMぶりが炸裂!
で…
「次なる目標で、また是非、富士登山してください♪」とゴウさん。
知識や知恵や経験など、信頼のおけるガイドぶりのゴウさん…
心のうちでは
「剣が峰トライの時もゴウさんがガイドして欲しいよ…」
と思ったものでした♪

そのゴウさんとしらたま隊で
剣が峰をバックに、映画「岳」のポーズでキメッ!!
山頂ではグロッキーな風貌になってそうな予感だったけど、
こうして元気にご来光パワーを浴びることができました♪
ガッツだぜ!
113


でも後に聞くところ、
その日、日中に登ってきた時の天候は
いつになく荒々だった…ということ!
雷が落ちるとは、
山小屋さんたち曰く、一時、本当にキケンだったようです。
しらたまは、今回が初トライなので
富士登山とは、こ~ゆ~ものなのか♪
と刻まれているのですが、
いろいろな情景を見せてくれる自然の営みを感じます。

富士山は、ゴミの山とも聞いていたけれど、
少し前に清掃された様子でキレイでした。
けれども山頂でのこと…
下山直前にペットボトルやビール缶が放置されていて悲し。
見てしまったゴミを
見て見ぬフリできず…
一緒に登ったYさんと一緒に
放置ゴミを拾って山小屋さんに預けてきました。
自分のゴミは持ち帰る…
これ基本。
人間のエゴで、しらたまも日々、多くのゴミを出してしまう身ゆえ
大きなことは言えないけど、
こういう場所に、ゴミ…捨てないでほしいと願います。

山頂で満喫した後、
本8合目の山小屋まで下山です。
お日様の力は本当に強くて、昇ると暑い。
さっきまでスキー場のように寒かったから
フリースやらダウンやら着込んでいて暑い。
いい汗をかきながら下山する途中も、すばらしい景色を満喫。
ともかくキレイ!!
地球って本当にキレイ!!
このキレイさに、心もすべて洗われました♪
114


ふと上を見ると、
まだまだたくさんの登山者たちが下山してきます。
登ってくる時は夜道で風景が見えなかったけど、
9合目付近は、こういう赤色な山肌なのでした。
これまたキレイ!!
115


山小屋までは、スキップ感覚で下山♪
早かった~!
なぜならトイレに行きたかったから…。
小学生のボーイと「がんばったね!」と話ながら
一番で到着!
速攻、トイレ♪

それから、薄着に着替えて山小屋を出発。
とうとう本格的な下山。
「あああ~降りてしまうのね…」と、ちょっぴりブルーでした。

下山は想像以上に変化のない、つづら道。
細か目な石ころと砂の道を延々歩め!
つづらの曲がり角は、なんと53個もあって、
ちょっと飽き気味でした。
でも下界のグリーンはキレイです。
116


下山ではスタミナ切れ。
考えてみると
夜ご飯も、朝ご飯も食べられず。
朝ご飯は山頂でいただく予定だったけど、
時間切れで食べなかったのですな。

お水と行動食でなんとかキープして3時間の下山で5合目に到着。
汗かきかきで、
あせも対策としてTシャツの中に忍ばせていたフェイスタオルは
汗を吸って臭っ!
そして、重ぉ~いのでした。

このドラゴンズパックチームは数人のリタイアさんがいたけど、
ほとんどの人がアタック成功。
ツアーガイドはなちゃんや
一生の中で逢えなかったかもしれないような見ず知らずな方と
同じ苦しみ、喜びを味わえて、笑顔し合えました。
おまけに、
タフで強くて優しい山男ゴウさんとも
たくさんいるだろうガイドさんの中よりご縁いただき
我がドラゴンズパックチームを連れ立ってくれました。
ありがたやぁ~♪
117


その後、河口湖温泉で、汗でベタベタな臭っい身体を清め
お昼ご飯を食べて帰路。
バスの中から夕日を見て、またもや、じぃ~ん。
118


「この太陽を、しらたまたちは今朝
 富士の山頂で見たんだ…」

毎日、昇っているお日様なのに
こういう時って特別に感じる…

   どれだけ無意識なのかが浮き彫りだな~。

お日様や、すべての自然の営み。
呼吸。
その中で生きている…いや、生かしてもらっていること。
これが日々、当たり前のようになっている…。

自然の中に入らせてもらうと…
マイナスイオンで癒されると共に、
こんな風に
本来のセンサーが敏感に磨かれるのだろうな。

偶然にも、この日は8月9日長崎原爆投下だった日。
多くの命が犠牲になってしまった日。
される側も、した側も辛く消せない過去の命の日。
忘れないで、富士山よりそっと手を合わせた。

山や海や動物、植物…自然たちは
生きていることを決して難しくとらえてはなく
言葉通り「自然体」だ。
人も60兆個の細胞の固まりであって自然の物体。
けれども、もはや「人」は自然の物体といえども「自然体」ではない。
しらたまもそうだ…
いつしか自然を壊してしまっている。

大地震…
どうして、あの場所だったのか…
とても申し訳なく想うし、悲しい。
けれど富士山に登ってみて、
感情からすると複雑なのだけれど、
地震も…大雨も…
地球からしたら「自然のこと」だったのかもしれない…。
人は意味を知りたがる。
納得したいから…。
けれども「自然」からしたら意味がどうのではなく
それは「自然」なのだよと
言っているのかもしれない。

だから、
この自然の意の中で、時折、自然の尊さを意識して
大自然を敬って生きていくことが大切なのだろう…
と、改めて想った帰路。

   その為にも
   また、富士登山に来たい。
   少しでも自然体として成長して来たい。
   心の中で自分も含めたすべての自然に手を合わせて登りたい。

ついでに次回は、
是非とも、お鉢めぐりをしたい。(…と欲張りモード)
…ということは??
今よりずっとスタミナ、筋力、心肺機能を高めねば!!

…ということで
この登山後も、
毎日、こまめなトレーニングを続けるぞ!と決意。
登山翌日からは、
芯の方での筋肉痛が出たけど、ちょびっとトレーニング実行。
2日目は、筋肉痛も90%ほど無くなり
3日目はゼロに♪
これで晴れて、本格的トレーニング再会♪
ということで、
来年もまた絶対のトライしまっするっ♪

あ…
あと富士山から、他にも特別プレゼントをいただきました♪
というのは、
帰宅した日の夜、眠りにつく時のこと。
まぶたを閉じると明るい…。
それは、
やや左の方から光が射している所に、まぶたを閉じているような感じ。
「あれ?お部屋の照明、つけっぱなしだっけ?」
と目を開けて確認。
けれども、ちゃんと消灯済み。
???と目を閉じる。

するとまた同じように光を感じる…。
「あれ?ベッドサイドのスタンドつけてたっけ?」
と目を開けて確認。
けれども、ちゃんと消灯済み。
「おかしいな、やっぱり真っ暗だよな…」
???と目を閉じる。

すると
でも同じように光を感じる…。
「やっぱり光…」
それはとても不思議なのですが、本当なのですな。

それで
とっても適当に、自分でその答えを出してみたよ。

   富士山パワーが来てるのかも…

そして
「これはいつまで続いてくれるかな?」と想って。
チャージされても、日々でまた使ってしまうものだから。
ありがたくも惜しまずにいなくちゃね。

で、1週間過ぎた今は?
ビッグな富士山のおかげさまで、まだ、ちょっぴり来てます…

けど、きっとそのうち無くなりそ。
それにしても富士山ってホント!
強く優しい最強のパワースポットだぁと
こんな体験からも実感デス♪

そんな
色々と深い意味ある富士登山、
ともかくアタックできて良かった♪
この大成功ピースを
次回につながてみせまっすっるネ♪
119


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。