しらたまのアロマカフェ~ナチュラるんるん日記
☆☆☆ ハーレー乗り セラピスト ☆☆☆ 

燃ゆる4♪

致知出版社
代表取締役社長 藤尾秀昭氏は、
お若い時から先ゆく人の取材を通して、
輝く言葉の数々を手にしてきたお方。
きっと
簡単に取材へ持ち込めるような…
そんなお仕事ばかりではなかったはず…。

それでも「コレは!!」と想う取材は
根性と情熱でもってアクションし、
集めた言葉を自分自身に
精一杯、表現して進んでこられたような方でした。

「素直に反応したり、感動したり、吸収したり…
 そこから運命の次なる動きが始まるのかもしれないぞ!」

藤尾氏に重なる清らかさを目の前にして
そう感じずにはいられなかったです♪

そして今、
この国に対しての確かな危機感があり、
そうなる前に
いつしか日本人たちが
どこかに置き忘れてきてしまったもの…
その、目には見えぬ大切なものを
多くの人たちと取り戻したい…という
強い想いを持っておられました♪
そのアクションとして
雑誌「致知」が毎月発刊されています。

内容は哲学的な言葉も多く
しらたまのような超薄学な未熟者は
しっかり熟読しないと理解不明なこと多々だけど…
ゆっくり理解しながら
その思想に着いていくと…
「なぁ~るほど!!」
と共鳴すること多しでした♪

このように、
まだまだチビッこくて、ちんみりな、しらたまですが…
藤尾氏のパッションも
指針のひとつにして生きたいものです。

その藤尾氏が届けてくれた
サミュエル・ウルマンの「青春」に
じぃ~んと響くステキな一文がありましたので
うふふ…
もったいぶらずに、ご披露です♪
(しらたまの個人的響き文の抜粋デスけれど)

あっちなみに
みなさんはそうでもないと想いまするが、
しらたまは、
言葉のひとつひとつを
ゆっくり理解しながら読むことにしないと…
ちょっぴし難しい部分ありデシタ。
けれども、
ひとたび理解できると…
しびれるようなホントに素敵な内容です♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


青春とは人生のある期間をいうのではなく、
心の様相をいうのだ。

   ~ 略 ~

年を重ねただけでは人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

   ~ 略 ~

年は七十であろうと十六であろうと、
その胸中に抱き得るものは何か。
曰く、
驚異への愛慕心、
空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する鉄仰、
事に処する剛毅な挑戦、
小児のごとく求めて止まぬ探究心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

   ~ 略 ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを証明する究極は日野原氏かもしれないな♪
あの若さと精神力、体力だからネ♪

この「青春」の一句一句を
今後の人生にふるわせて
いつの時も本物の青春を失わずに
「生きる時」を重ねていきたいなぁデス♪

さて…
午後12時半からスタートして
17時半に終えた講演会後は
準備タイム後、
懇親会&立食パーティー♪
1380名のパーティーなので、
さすがに!!
ビッグなパーティーでした♪
673


でもって!!
そのパーティー時には…感激が!!
ワタクシしらたま、
かつて25歳ほどの時に読んだ本にて、
その方の存在を知り、
当時とっても感動した著者さまとの
ハッピータイムが待っているのでした♪
ともかく!!
しらたまにとっては
ほっぺをつねって現実かどうか確認しような…
そんな奇跡とも言えようなくらい
興奮な出来事だったのでしたっ♪
うふふふふぅ~♪


スポンサーサイト

Comment

いやー、やっぱりしらたまさんすごいわ。
こんな記憶力普通やないでしょ。
なんか、先週のことをまた新鮮に思い出させてくれて感謝感激雨霰です。
まだ続きあるよね?
2012.02.01 20:41 | URL | ゆっきー #- [edit]
しらたまさん、致知の講演会とパーティに行かれたんですね。

一人でも多くの人に、致知を読んでもらえたら、日本は必ず復活すると思います。

しらたまさんが同士であったことをうれしく思っています。
2012.02.01 21:05 | URL | パック #- [edit]
ゆっきーさん♪
いえいえ…
記憶ではなく記録でぇ~す!

でも、この記録を少しでも記憶に残せるように…
おばはんになるホド苦労が必須になるから切ないですぅ。
あきらめずに!!
しぶとく!!
時折、引っぱり出しては反復学習するべし…ですね。

続きはお楽しみに♪

しらたまより
パックさん♪
パックさん、コメをありがとうございます♪
そうなんです!
講演会&パーティー行かせていただきました。
講師の方々のお話を生できかせていただくと…
まだ眠っていたであろう部分が動きだし、
良いホルモンが飛び出して
潤えたような気がします♪♪

昨年、講演会のお知らせをいただいた時、
講師の方やゲストの方々に惹かれて「行きたいな…」と
直感したのですが
お仕事も入ってたし、しらたまには敷居が高そうで…
一度はあきらめたのです。

けれど
お仕事のスケジュールが生徒さんとの行き違いでオフ日になり…
他にも
「まるで行かされるような力」が働いていたような感じでした。
…って、
結局、行きたかった想いが強かったのでしょうネ(笑)
だから、
講演会10日前くらいに勇気を持って、
ダメもとで、申し込みをさせていただいたのでした。

パックさんは行かれなかったのでしょうか?
素直に告白しちゃいますと(照)
お姿も知らぬパックさんを…
「来ておられるのではないか?」と探してしまってましたぁ♪
そしたら、見るお人、見るお人、
みんな「パックさんではないか?」と勝手に想っていた次第です(照)
しらたまが…
この講演会ならず、
致知の存在にたどれたのはパックさんのおかげです。
ホントに、ありがとうございます♪
いつか直接お礼が言えたら…うれしいです♪

しらたまより

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://siratama333.blog10.fc2.com/tb.php/704-f1f0f8d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。