しらたまのアロマカフェ~ナチュラるんるん日記
☆☆☆ ハーレー乗り セラピスト ☆☆☆ 

響いた言葉♪

この前の火曜日お休み日は、夫さまと別行動。
お休みは、おおよそいつも共行動だけど、
たまぁ~に、こういう日がありまっす!

というのも
しらたまはKさんと
地元発バスツアーでお出かけだった♪
夫さまは慣らし運転の距離稼ぎで
ストグラくん出動ね!

さてツアーバスは、いずこへ???
それは…
神戸の宝塚歌劇場であ~る。
この日は、
新人公演たるものがあり
その主演を地元っぴ~の宝ジェンヌ
「珠城りょう」さんがつとめるのだという。

りょうさんやご家族と仲良しの方が
しらたまのサロンのお客さまで
その情報を流してくださる♪
宝塚だけでないけど、
ナマの劇を観るのは好きだし、
それに加え、
地元っぴ~の宝ジェンヌちゃんが主演♪
その陰なる努力やエピソードも
耳にさせていただいていると
やっぱり応援したくなっちゃうのだな~♪

まっ
りょうちゃんは
とりわけジェンヌオーラが凄くて
何より応援しがいのある宝ジェンヌちゃんなのだけど♪

てなわけで
夫さまは「俺、宝塚はご遠慮…」と
振られちまった、しらたまン。
宝塚に詳しいKさんをお誘いしたら
一緒に行ってくれるお返事をいただけて
れっつらご~でした♪

ところで…
普通つうか
現実的にも愛知・蒲郡から宝塚って遠いじゃない??
けれども…
しらたま的には
今回、とってもとぉ~っても近かった!!!
びっくらこいたもんね!!!

というのは
朝7時にバス出発進行~♪
1つ目のトイレ休憩が刈谷のハイウエイオアシス。
855


ここのココがスゴいんだな~♪
856


このホテルのロビーのような…
BGMもクラシックで優雅。
でもココおトイレなのですん!
思わず用足しも優雅になるぅ~っのです♪

そんな優雅なおトイレを済ませ…
バスが動くと間もなく就寝。
で、次のおトイレ休憩までガチ寝。
微動だにせずお寝んねしてて、
起きたら「草津」サービスエリア。
え”え”え”~!!
もう草津ぅ~!!

そして、またガチ寝。
起きたら、そこは「宝塚ぁ~!」
これまたビックリ。
お目目が飛び出るようなほどビックリですた。
857


そして、それは行きだけではないのであ~る!!
帰りは…
宝塚から、すぐガチ寝。
1度目のおトイレ休憩「御在所」サービスエリアまで
なぁ~んも知らず。
そして次は、もう到着地点の蒲郡駅だった!
これまた近ぁい!!
どこでもドアに匹敵するような…?
寝て起きたら着いてるやん♪ですた♪


さて、
宝塚のホール、
ドアのハンドルも優美なの♪
バタフライがデザインされている。
こ~ゆ~ところも気遣いしてるね♪
858


ロビーでチケットをもらったら
まだ1時間ほど時間あり。
ランチをいただくために周辺を散策。
ココにきたのは3度目だけど
いつ来ても雰囲気のよい街並ですな。
859


お上品な天丼ランチ♪
ココは天丼のおつゆが卵とじなのね!
神戸って…宝塚って…
そぉなのぉ~???
861860


ホール内のグッズショップは
女子でいっぱい!!
みんな買ってる!!
しらたまも入ってみるが、見るだけ的お客でした。
グッズショップの入り口には
売れっ子ジェンヌの写真が並ぶ。
りょうちゃんはドコ?
862


さて、ぼちぼちお席にいきましょ♪
ほんじつのお題目は「エドワード8世」
本講演後に新人公演なり。
本日、同じ劇を2度見るなり。
けれどもキャストが違うなり。
863


新人公演は2階席で舞台を見下ろす感じ。
舞台と花道(?)の間にポケットがあります。
864


このポケットの中で
劇の間中、オーケストラが演奏されます。
これも舞台の良さね!
演奏もライブなオーケストラな訳で、
これが映画とかと違うリアル感モリモリなのれす♪♪
幕開け前は、
演奏者それぞれがチューニングしてたりして
雑多な音が、
これから始まる劇の期待感を増すのですな♪
865


りょうちゃんの新人公演パンフ♪
866


一説によると、
トップ目指して
すごいスピーディーな歩みをしているりょうちゃん。
ともかくステージに花がある人であり、
小さな頃から、あきらめず夢に向かって
がんばっている。
もちろん、それは
りょうちゃんだけでなく
歌劇団のみんながそうだろう。
それが
このステージに表現されているのだ。

ステージの裏にあっただろう、がんばり。
それを想いながら
ステージ彩る人たちをみると
「しらたまも、がんばろう…」って
勇気や希望をもらうんだな。
単純だけど、がんばっている人を見ると
心がアゲアゲになって、そう想っちゃうんだな。
こういう刺激って
ココロ弱者にとって、ホントにイイもんだよ♪♪

その、りょうちゃん♪
がんばった努力が、
新人公演主演という形で報われ、
これを重ねて
「いつかトップ1になるのだろう…」
と勝手に想っているしらたまデスぞ。
867


舞台ストーリーは、
地位や名誉、財産ではなく
一番大切なもの「愛する人」を選ぶ…
という潔く深い愛のハッピーエンドで
とっても楽に観れたステキなものでした。
衣装もキレイが極まってて!!
ショーも楽しかった♪

それに!!
セリフの中に、
とりわけ響く言葉があったのだよ。

 「自分の道は自分で紡げってことなのでしょう…」
 「すべては自分が決めていること」

この2セリフは、
「そうだね~!」と大共感であり、
脳ミソの引き出しに入れておきたいものだった。
そうなんだよね!
誰でもない自分であること。
だからこそ

  この先、悔やまないぞ!
  (できるだけ…)
  悔やみそうになったら、
  しっかり自分や出来事を見つめるぞ!
  (ホントだな?)

そんな
信念たる想いを一層、深めてくれた劇であり
弱っちい信念持ちのしらたまにとって
大いなるプレゼントが詰まった
宝塚歌劇だったのであった~♪♪

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://siratama333.blog10.fc2.com/tb.php/738-9c4608ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。